サマンサタバサのキーケース

スポンサードリンク
若い女性層に人気のサマンサタバサのキーケース。
サマンサタバサのキーケースはその色やデザインが可愛い点にとどまらず、機能性も兼ね備えていて、10代の若い女の子だけでなく、20〜30代の女性にも利用者が広がっています。サマンサタバサのキーケースはさまざまなデザインが用意されているので、年齢を問わず浸透してきているようです。


サマンサタバサのモデルとしてはサッカー選手のベッカム夫人であるヴィクトリア・ベッカムやテニス選手のマリア・シャラポワが名を連ねています。ブランドイメージも向上してきているようですし、サマンサタバサは注目のブランドですね。

キーケースの素材は何がいい?

スポンサードリンク
キーケースの形状は二つ折りまたは三つ折りで、ボタンによって止めるタイプのキーケースが一般的。
カギだけを入れるなら、ボタンが外れたとしても落下する危険性はありません。
もし、キーケースと併用してカードや小銭を一緒にと考えるなら、ボタンではなくファスナー式の方が、落下してなくなる危険性が減りますね。

キーケースを選ぶときのポイントは開け閉めの形式と、ホルダーの数です。
しかし、他にも意外に重要な要素があるんです。キーケースにカギを入れると、カギがキーケースの内側を傷つけます。ですから、素材も問題になります。

やっぱりお薦めは皮革製。ただし合成皮革のキーケースは、劣化がとても早いです。
キーケースの内側は、金属が擦れ合う革にとって過酷な環境だから。弾力性に優れた本革製を選びましょう。

ブランドのキーケースが好まれるのは、過去に苛酷な環境に耐えてしかもその環境を乗り越えてきた実績があるからです。それぞれお気に入りのブランドってありますよね?財布やバッグ、システム手帳などとブランドを揃えてキーケースを選ぶのもおしゃれに映りますね。

ブルガリのキーケース

スポンサードリンク
ブランドを一覧して個人的に気になったブルガリ6連キーケース(ブラック レザー)の口コミ情報を集めてみました。

誕生日にブルガリの財布をプレゼントされ、ブランドがお揃いのブルガリのキーケースを選んだ。
第一印象はカッコイイ(^^ ; ) 鍵は3つつけて使っているが シンプルで形が崩れず見た目も大人っぽい感じ。
シンプルかつ大人のデザイン、女性でも色は黒がお気に入り。

しっかりしたレザーで傷も目立ちにくく、使いやすそうなキーケース。

かなりしっかりした素材でできているので長く使えそう。

安っぽいキーケースとは違うと思います。毎日使う物なので、多少高くても納得出来ます。

売れ筋は1万3千円前後の商品で、プレゼントしてもらったという方が多いようです。
長く使っても型崩れしない頑丈な点が高評価されているようですね。
毎日持ち歩くものですから、デザインよりも用途重視という方に選ばれているようです。

用途に応じたキーケースの選び方

スポンサードリンク
車だとセルモーターを回す鍵と施錠・開錠用のキーレスエントリー。最近はオートバイでも2種類の鍵を使ったりするみたいです。家の鍵に自動車に勤め先のロッカーに・・・とだんだん鍵は増えるばかりですね。
特にキーレスエントリー用は厚みがあったり大きかったりしてキーケースを使おうとするとサイズのちいさなものでは使いづらいみたいです。

調べてみるとルイヴィトンの4連キーケース(男性だと8連のキーケース)を選んでいる人が多いようです。
でもルイヴィトンのトレードマークにもなっているあのロゴがちょっと・・・という方も少なくない。それならばルイ・ヴィトン ダミエのキーケースなんてどうでしょう。わたし個人としては、シックに感じます。

あなたはキーケース派それともキーホルダー派?

スポンサードリンク
鍵をなくさないように束ねるだけでなく、いつも身につけているものですからキーケースのブランドにもこだわりを持って使われているようです。人気のブランドはポールスミスルイヴィトンバーバリー、コーチ、グッチ、ブルガリあたり。一番人気のポールスミスのキーケースは、革製でマルチストライプのプリントがほどこされたもの。

キーケースを利用する方はどちらかというと鍵の本数が少なめな人が多いのでしょうか。それともキーリングやキーホルダーのジャラジャラ感があまり好きではないのかな。原付やオートバイを利用するケースなどでは雨に濡れる場合を想定してキーホルダーを使っているという方が多いようです。さすがに布製のキーケースは利用しないでしょうね。

いつも持ち歩いて、触れる頻度も高いキーケース。頑丈で汚れの目立たないアイテムを選ぶのが吉かも。
スポンサードリンク
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。