キーケースの素材は何がいい?

スポンサードリンク
キーケースの形状は二つ折りまたは三つ折りで、ボタンによって止めるタイプのキーケースが一般的。
カギだけを入れるなら、ボタンが外れたとしても落下する危険性はありません。
もし、キーケースと併用してカードや小銭を一緒にと考えるなら、ボタンではなくファスナー式の方が、落下してなくなる危険性が減りますね。

キーケースを選ぶときのポイントは開け閉めの形式と、ホルダーの数です。
しかし、他にも意外に重要な要素があるんです。キーケースにカギを入れると、カギがキーケースの内側を傷つけます。ですから、素材も問題になります。

やっぱりお薦めは皮革製。ただし合成皮革のキーケースは、劣化がとても早いです。
キーケースの内側は、金属が擦れ合う革にとって過酷な環境だから。弾力性に優れた本革製を選びましょう。

ブランドのキーケースが好まれるのは、過去に苛酷な環境に耐えてしかもその環境を乗り越えてきた実績があるからです。それぞれお気に入りのブランドってありますよね?財布やバッグ、システム手帳などとブランドを揃えてキーケースを選ぶのもおしゃれに映りますね。
スポンサードリンク
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。